Thymeleafの勉強をしてみました

ども、たきたきでっす。

今の会社ではJavaがメインの言語でSpringでサイトを作成しているのですが新規プロジェクトではSpringBoot(Kotlin)+Thymeleafを使うことにしました。 やはり、新しい技術を取り入れないとエンジニアのモチベーションも上がらないと思うので。

ということで、Thymeleafの勉強ということで、こちらのチュートリアルを一通り読むことにしました。

これまでずっとjspだったのでかなりとっつきにくかった(特にフラグメントとか)のですが、チュートリアルを通して読んだらjspよりもコードがスッキリするかなと。 あと、jspと大きく違うのはアプリケーションサーバを通さなくても表示内容を確認できるところですかね。 jspだと、

<p> ${hoge} </p>

※ hogeというプロパティを表示させようとしている

こんな感じに書いたものをブラウザで表示させると、${hoge}とそのまま表示されてしまうけど、tymeleafであれば、

<p th:text=${hoge}>hoge</p>

こんな感じで書くのでアプリケーションサーバが動いていないときは<p>タグ内のhogeが出力されるので画面のデザインを確認するときも違和感無く見れるもが良いですよね。

細かい仕様については実装しながら覚えていこうと思います。 楽しみながらやっていこう!

参考にしたサイト

https://qiita.com/fardoc/items/cb85f54b1e423cb2bd6b  チュートリアル内のサンプルプログラムを動かすのに参考とさせて頂きました

コメント

タイトルとURLをコピーしました